相続に除籍謄本や改製原戸籍は、
かならず必要になります。

戸籍謄本なら聞いたことがあっても、
除籍謄本や改製原戸籍については、
初めて知る人の方が多いと思います。

しかし、除籍謄本も改製原戸籍も、
戸籍謄本と同じく、
戸籍の一種です。

実は、一般的に「戸籍」と呼ばれるものには、
戸籍謄本と、除籍謄本、
改製原戸籍の3種類の戸籍があるのです。

その内、除籍謄本と改製原戸籍は、
過去の戸籍のことで、
今後、何か記入される予定の無い戸籍となります。

そのため、除籍謄本や、
改製原戸籍に記載されている内容については、
原則、変わることはありません。

逆に、戸籍謄本については、
現在進行中の戸籍のことで、
今後も、記入されていく戸籍となります。

では、なぜ、相続に除籍謄本や、
改製原戸籍は必要かと言えば、相続手続きには、
亡くなった人の出生から死亡までの戸籍が必要になるからです。

スポンサーリンク

なお、亡くなった人の相続手続きでは、
「亡くなった人の出生から死亡までの戸籍謄本」が必要、
と案内されることが多いです。

そして、相続手続き先によっては、
「亡くなった人の生れてから亡くなるまでの連続した戸籍謄本」や、
「亡くなった人の生れてから亡くなるまで繋がった除籍謄本」など、
案内の仕方は様々です。

ただ、その意味としては、
亡くなった人の出生から死亡までの、戸籍謄本と除籍謄本、
そして、改製原戸籍がすべて必要ですよ、という意味なのです。

具体的には、亡くなった人が昭和の初めごろの生れなら、
戸籍謄本が1通、除籍謄本が数通、
改製原戸籍が2通は存在していることになります。

もし、亡くなった人が大正生れの方なら、
戸籍謄本が1通、除籍謄本が数通、
改製原戸籍が3通は存在していることになります。

その内、除籍謄本については、
亡くなった人の結婚と離婚の回数や、
転籍の回数によって、その回数分存在しているのです。

そのため、結婚と離婚を繰り返していたり、
よく転籍していた人であれば、
除籍謄本の数がかなり多くなります。

そして、相続の手続きには、
亡くなった人のすべての除籍謄本と、戸籍謄本、
すべての改製原戸籍が必ず必要とされています。

なぜなら、亡くなった人のすべての「戸籍」によって、
亡くなった人の相続人全員を、
正確に特定できるからです。

また、相続手続き先にとっても、
亡くなった人の相続人なのかどうかを確認することが、
最初にすべきことだからです。

もし、銀行の相続手続きなどで、
相続人ではない人に、
亡くなった人の預貯金を支払ってしまうと大変です。

そのため、相続の手続き先では、
「亡くなった人の出生から死亡までの戸籍謄本」を、
必須の提出書類としているわけです。

つまり、亡くなった人の出生から死亡までの戸籍として、
除籍謄本や改製原戸籍は、
相続に必ず必要になる書類ということになります。

スポンサーリンク